BRANDの利用ルールを大幅に改定、その他更新情報/更新履歴/お知らせ/全ての記事/SM記事全般


  • 出会いの更新/来年の新しいシステム

    ブランド(SM出会い)の全体的な更新が完了しました。
    主な変更事項は下記となります。


    ・SSL暗号化処理に対応させた。
    ・会ってプレイを廃止、会ってトーク(会話)に変更した。
    ・汎用性を持たせる為、プロファイルの一部を削除。
    ・パートナー募集/カレカノ探し、友達募集項目を削除。
     メンバーとスタッフのプロファイル公開のみとした。
    ・メール内容制限を外した、メールには基本何を書いても良い形とした。

    また、ブランドの機能拡張を大幅に開拓し、全体的な汎用性を持たせるシステムに変更しました。
    今後の予定として、もう1つのブランドというサイトを構築します。
    こちらは大人の為のコミュ、仕事/結婚/カレカノ/友達作りのポータルサイトとしての運用としますが、SMに特化はしません。
    SMに特化するサービスはSMプレイクラブ/SMサークル/奴隷契約書の3つとし、その他のカテゴリはどちらかというとノーマル的なサービスとなります。

    ビジネスモデル

    SMプレイクラブ/SMサークルに関しては主催者が作成し、運営を行うユーザー型のビジネスモデルです。
    簡単に言えば申込者がオーナーとなってSMサークルを主催するというイメージです。
    SMプレイクラブに関しては文字通り、主催者がSMクラブの運営を行うビジネスモデルです。

    年齢認証システム

    2017年早々に年齢認証システムの立ち上げを行い、主催者は身分証明が必須となります。
    また、スタッフ募集カテゴリを作成、こちらも身分証明が必須となりますので、仕事としたい方は年齢認証を行っていただく形になります。尚、既に年齢認証を終えている方についてはそのままご利用になれます。

    カウンセリング

    カウンセリングに関しては、目的が伴わない偽カウンセラーが多く見られましたので、面談/登録型とし実際にはカウンセラー本人達にもご自分のHPを運営して頂く形としました。
    偽カウンセラーとは?カウンセラーと言いつつも相談者と面談して口説き落とす事を目的とする方達です、つまり一番やってはいけない事をしている人が多くいるという形なのです。従って、カウンセラー希望者は面談の上登録料納付後にカウンセラーのHP作成、運用をする形に切り替えました。

    SSL暗号化対応

    SM-I本体をSSL暗号化に対応させました、今後も利用者が個人情報を登録する箇所については全てSSL暗号化にて運用していきます、これにより一部の方が利用できない可能性がありますが、例えばWINDOWS-XPでのインターネットエクスプローラーに対応していない等です。既存で全体の95%以上は対応しております。
    最終的には全てのサービスをSSL暗号化し、モバイルファーストインデックスに対応したシステムを構築していきます。利用者の方が何かをする必要はありませんのでご安心ください、利用者の個人情報や履歴、ID、パスワード情報などを保護する為の更新です。

    S男性スタッフページ開設

    S男性スタッフ専用のページ開設を行います、カテゴリはご主人様縄師になりますが、まだ増やす可能性もあります。
    こちらに関してカテゴリの提案などございましたら、お気軽にお問い合わせよりご連絡ください。

    結婚サービス

    結婚サービスについては完全ノンアダルト部門とされます、しかし嗜好の組み込みはあります。今大手有名結婚サイトに対応できない問い合わせが相次いでいるという現状を聞きました。
    中でも最も多く問い合わせがあったのが、M嗜好の男女からの問い合わせとの事です。
    結婚相手の理想はサディストがいいという結婚希望者が続出しているそうです。
    しかし、一般の結婚サイトではその希望で結婚できる確率は非常に低く、フリをしたところで良い結果にはならないのが現状だと思われます。
    当サイトは利用者自己申告だけでも1000組以上の結婚実績がありますし、未だに生まれた子供の写真を送ってくださる方達もおります。ただ、アダルトという分野で括ってしまうと募集範囲が一気に狭くなってしまいますので、ノンアダルトとし、性嗜好ではなく嗜好というプロファイルを構成する事とします。
    実は・・・まだ完全に体調が整ったわけではありません
    皆さんからの様々な意見を取り入れて、サービス向上に励んではおりますが体調がなかなかついてこないという現状もござますので、masterのペースでゆっくりと更新作業を進めさせていただきます。
    本年のコラムはこれにて終了、来年も宜しくお願いいたします。

    [更新履歴/お知らせ]